よくある質問 ブログ

腰痛/ひざ痛/整骨院/鯖江市

 

鯖江市の整骨院「腰痛の85%は原因不明」の発表
1994年、アメリカの厚生省が「成人の急性腰痛治療ガイドライン」を発表しました。 そしてその2年後、今度はイギリス医師会が「クリニカル・エビデンス」という本を出版しました。そして2012年には日本整形外科学会でも、腰痛の原因に関して、『患者さんの症状とレントゲン所見はあまり相関せず、約85%の人が原因を特定できない』という、それまでの常識を覆すものでした。 では、レントゲンで原因を見つけることができない腰痛が、どうして8割以上にもなるのでしょうか? それは「背骨の変化が痛みの原因」という説明には、科学的根拠が全くないことが分かったからです。今まで原因と考えられていた骨の変化は、実際には痛みを引き起こすとは限らない…。世界中から寄せられた実験報告から、判明したのです。

レントゲンでは解らない?3種類の実験で分かった、痛みとの関係・。骨の歪みは腰痛と無関係!実験で明らかに

脊椎 スネークネック
①脊椎のカーブ
腰椎(背骨の腰の部分)は、全部で5つの骨からできています。 一般に腰椎は前方にゆるやかなカーブを描いていて、このカーブの消失やカーブが強すぎるものも、整形外科では「痛みの原因」とされています。しかし、ある時「痛みのない200名」「急性腰痛の200名」「半年以上続く慢性腰痛の200名」の3つのグループそれぞれの腰椎前彎の角度をレントゲンで調べるという実験を行いました。 その結果、この3つのグループ間に違いはありませんでした。 これにより、背骨のカーブと痛みの間には何も関係性がないことが証明されたのです。
②腰椎すべり症・腰椎分離症
腰椎すべり症、という腰の骨の並びが前後にずれてしまっているものはどうでしょうか。 腰痛のある308名と、腰痛の症状がない376名を調べたところ、両グループともに「すべり症」が約3%見つかっています。 つまり、腰痛があってもなくても「すべり症の変化」は同程度に見つかることが分かりました。 ちなみに、腰椎分離症は日本人の約6%にあることが分かっているのですが、これもすべり症と同じ実験結果が得られており、腰痛との因果関係は証明されていません。

さらに分離すべり症(腰椎分離症とすべりの合併)をプロのバレエダンサーで調べました。 レントゲンを撮ると32%に分離症が見つかり、そのうち8割がすべり症を合併していましたが、分離すべり症のあるダンサーらと、分離すべり症のないダンサーらの腰痛発生率を比較してみたところ、ほとんど差がなかったと報告しています。 つまり、「分離」や「すべり」はあってもなくても、腰痛の出現率に差はないのです。

③加齢による老化で骨が変形してしまったものはどうでしょうか。
これも、腰痛があるグループと腰痛がないグループのレントゲンを比較した結果、どちらにも同程度に認められるという調査報告が多数寄せられています。 「老化による骨の変形は、腰痛の原因とは考えられない」というのが研究者らの共通した見解です。

上記の理由が「腰痛の85%は原因不明」という現実です。

このように、様々な実験の結果、これまで腰痛の原因として考えられてきた「背骨の変形」の多くが腰痛とは無関係であることがお分かりいただけたかと思います。 これが、「腰痛の85%は原因不明」という現実です。 私もはじめ、読売新聞「医療ルネサンス」(平成17年12月)の記事を読んだときは、正直信じられませんでした。「医学常識」を学校で習っていましたので、「そんなこと、あるわけが…」と思っていました。 しかし、なんとなく頭の片隅に引っ掛かっていた私は、臨床の現場で日々たくさんの患者さんと接していく中で、こうした「現実」に直面します。 「右ひざが痛い」と来院されたのに、レントゲンでは明らかに左ひざの方が変形が強かったり…。 「背骨と背骨の間が狭くなってるからね~」と説明しておきながら、背骨自体に対してのアプローチは何もしようとしない院長。しかし、レントゲン自体は何も変わっていないはずなのに、腰痛が治っていく方…。 すなわち、腰痛の85%は原因不明レントゲンには映らない筋肉などの軟部組織の炎症が原因として考えられるのではないか。

だからテレビなどでも筋肉を鍛える○○体操をしなさい、歩きなさいと言うのではないか
その時に出会ったのが筋肉にアプローチするトリガーポイント療法(ブログのトリガーポイント療法参照)でした。

すなわち骨の変形は外科的に手術でしか治らないが、痛みはトリガーポイント療法などで改善させることは出来るという事です。

施術時間・アクセス

施術案内
交通事故施術・交通事故・むち打ち施術・
むち打ち・各種保険証取扱・労災・
自費施術・はり・きゅう

対応可能な症状

交通事故施術・むち打ち施術・スポーツ外傷・
スポーツ障害・捻挫・挫傷・肉離れ・打撲・
脱臼・骨折

 
8:30~12:00
15:00~19:00

※土曜日は8時~12時までとなります。
休診:土曜日午後・日曜日・祭日

〒916-0065 福井県鯖江市当田町20-28-2

アクセス
福井鉄道福武線西鯖江駅 徒歩15分
有定橋から旧宮崎町方面2つ目の信号機の左角
駐車場/5台~
TEL.0778-62-3430